局在神経学講座⑬

今回のテーマは大脳辺縁系と基底核です

大脳辺縁系は本能行動として「摂食行動」「性行動」「群居本能」を司っています。

また「情動」つまり怒りや快感・不快感、攻撃・逃走 これらに深く関わっています。

特に情動のメカニズムを知る事が、私たちの所に訪れる患者様の施術に重要になります。

基底核については、最重要項目とも言えます。

強い刺激を与えてはいけない状況の患者さんが一定の割合でいらっしゃいます。

ただその事を、患者様自身が全く自覚していない場合が多いので、強い刺激を求めて様々な要求をする場合があるのですが、それを簡単に引き受けてしまってはいけません。

しっかりと鑑別して行かないと、症状が改善しないばかりかかえって悪化させる事になります。

勿論当院では、基底核の状況をしっかりと調べてから適切な刺激の強さや量を調整していますので安心してください。

関連記事

  1. 治療室の断捨離と緑化計画②

  2. 局在神経学講座⑨

  3. ハーモニー・メソッド研究会

  4. BASE療法研究会(10月)

  5. 緑化計画④

  6. 局在神経学講座⑫

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP