水草には光が大切です

水槽の水草の葉が毎朝浮かんでいました。

お休みの日にはお魚に餌を与えていないので、きっとお魚がかじっているのだと思っていましたが…

熱帯魚屋さんで状況を説明したところ「それは魚の仕業では無いですね」「照明の光量が足りない時の典型的な症状です」と説明されました。

そこで水草を新規投入して照明設備を出来るだけ下げたところ、かなり良好になりました。

今はたまに葉っぱが浮いている位ですが、ゼロではない!

そこで更に照明を下げる為に、吊り下げているワイヤーを長くなるように改造してみました。

元々のワイヤー吊り具は絵を天井から吊るす為の既製品なので長さが最大で1メートルしかありませんでしたので、ホームセンターでワイヤーを3メートル切り売りしてもらい、自分で入れ替えてみる事にしました。

約15センチ延長、これで水面ギリギリになる筈。

実際に設置してみましたが水面ギリギリ!

水槽のガラス上縁よりさらに下まで照明器具を下げる事が出来ました。効果はこれから確認ですね!

関連記事

  1. グリーンのパワー

  2. 植物育成ライト

  3. モーションガイダンス

  4. 緑化計画⑥

  5. モーションガイダンスその2

  6. BASE療法研究会(9月)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP