照明器具のアップグレード

いきなりの天井穴あき画像ですが… 

外した照明器具がこちらです。

これは今の場所に治療所を移転した当時に奮発して取り付けてもらいました天井埋め込みタイプの照明器具です。その当時は普通の蛍光灯でした。

その後、間取りの変更と床暖房を入れるリフォームをした時に、電球色の蛍光灯に変更したのですが…

その時に同時に当時の主流だったインバーター制御のシステムに変更してもらったのが良くなかったのか、色は良くなったのですが何故かちらつきが頻繁に出る様になりました。

勿論、工事をしてもらった電気屋さんに相談しましたが、器具に問題は無いから建物の引き込み電圧に問題が有るのだと言う主張でした。

それでは何の解決にもならないので結局数年間、点かずの照明器具となっていました。

昨年から治療院内の緑化計画を進めている中で、照明器具を見直さないといけないと思いだし、あきらめていた点かずの照明器具の事がストレスになって来ていました。

器具の買い替えなら喜んでやってくれる電気屋さんはいくらでもあると思うのですが、ぼくはこの埋め込みみタイプの照明器具のデザインが気に入っていて、何とかこれを生かせ無いものかと色々思案していたのですが、ついに見つけてしまいました!

外した照明器具を自宅に持って帰り、少し触るだけで手が黒くなるほどの約20年の汚れを拭き取ります。

器具から蛍光管を挿していた部品などをドンドン取り外していきます。

全て取り外した器具の中に、市販のLED照明器具を埋め込みます。

…と言っても、この市販のLED照明器具はキッチンのレンジフードなどにマグネットで固定する事が出来る優れもので、更に連結する事で長さも変える事が出来ます。

ウチの器具には2連結でシンデレラフィットしました!

こんな感じに角度も変えられます。

明るさも2段階にリモコンでコントロール出来ます。

う~ん、今回の出来には大満足ですね。

関連記事

  1. 局在神経学講座⑩

  2. 秋の菜園

  3. 局在神経学講座⑧

  4. BASE療法研究会(2月)

  5. モーションガイダンス

  6. ライフフィールド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP